こつこつ…
花の雲別荘の駐車場は
あえて整備をしておりません。
いまどき珍しい?
アスファルトでなく
砂利の駐車場です。

車を降りた瞬間から
タイムスリップしたような
どこか懐かしい雰囲気・・・

古民家までのアプローチは
お客様を非現実の世界に誘う
大切なものです。

でもお客様が万一、
つまづいてしまったら・・・

そう心配になったフロントスタッフは
毎日、こつこつと目立つ石を取り除き

その石は「ロックガーデン」に
姿を変えました。

せっかくなので
似合う草花を植えてみようかと
小さな夢がふくらむ初夏の午後です。


Topics一覧に戻る